賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

賃貸の水周りの注意お風呂場の壁がタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の水周りではお風呂はとにかく注意した方がいいと思います。新しい物件だとそう心配はないかもしれませんが、古い場合は何かと問題も多いのではないでしょうか。やはり湿気は気をつけた方がいいと思います。例えば壁ですが、新しいと汚れもとりやすいような素材を使っていると思います。天井かから壁、床まで一体になっているものだと掃除もしやすいでしょう。でも中にはそうでないところもあります。例えば昔ながらのタイルをつかったタイプです。こういうのはお掃除も大変です。特にタイルとタイルの間にカビや水垢がすぐについたりするのでしょっちゅう掃除しないといけません。しかも隙間なのでとりにくく、タワシなどでゴシゴシしないとダメです。定期的にやっていかないとすぐに色も変わってしまうので主婦にとっては大変な作業です。

またお風呂場の壁では塗料が塗っているところなどもあると思います。最初はキレイでも使っているうちにふやけてはがれ落ちてくる事もありますので注意しましょう。壁がぽろぽろはがれてくると掃除しようにもゴシゴシこすれません。やはりお風呂場は今時の新しいものがいいと思います。そういうのだと汚れがついても掃除しやすいし何かと楽です。

関連リンク

Copyright (C)2017賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.