賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

賃貸の水周りの注意点お風呂場の湯沸かし器

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の水周りではお風呂の湯沸かし器などもよく見ておいた方がいいと思います。最近の新しい物件だとほとんどスイッチ一つでつく場合が多いのですが、中にはそうでないところもあります。昔のままだと結構大変だったりするので注意しましょう。古いままの湯沸かし器だと自分でガスのコックをひねってから着火しなければいけません。慣れていればいいのですが、初めてだと着火するのに結構ドキドキしたりする事もあるでしょう。また外から火がついているかどうか確認したりなどかなり原始的な感じです。毎回着火しなければいけないので手間がかかります。

お風呂の湯沸かし器が古いと自分で着火しなければいけませんが、もちろん止めるのも自分です。温度を察知して自動的にとまるわけではありませんので注意しましょう。放っておくとお湯がグラグラなんて事もあります。それを埋めるためにまた水を使ったりするので水道代も気になるでしょう。うっかり屋さんの場合はできれば設備面でしっかりしたものの方がいいと思います。またこういう湯沸かし器は季節によって水の温度も違うため、沸かす時間なども微妙に変化してきます。その辺も考えて使わないといけないので何かと面倒な事も多いでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2017賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.