賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

冬期の賃貸住宅における水道凍結の重要さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅や個人住宅どちらに住んでいる場合も共通することですが、冬期に氷点下になる地方に住んでいる人なら経験ある方も多いと思います。特に長期不在や、数日留守にする場合でも水道凍結にはくれぐれも注意する必要があります。

賃貸住宅では万が一、凍結し水道感破裂なんてことになると、近隣階にまで被害が及ぶ可能性もあり油断できないのです。そのようなことにならない為に、水落としについての手順については、必ず把握しておくことが大切です。水落しの手順として「水道の出る元となる元栓をしめる、水が出る全ての箇所の蛇口をあけ水を出し切る」というのが大まかな方法ですが、それだけでは不十分なんですね。シャワーや洗濯機のホース内の水を落としたり、洗面所や台所などでは、水道の下部分にある収納部分にも水落としをするネジのようなものもあったりと、それらも怠ると凍結してしまう可能性があるのです。給湯器の水落しも忘れてはいけません。トイレには不凍液を入れ凍結予防する方法もあるのです。建物の構造によっては、留守にしていなくても冬期の夜間の冷え込みによって凍結するということもあるようです。凍結の可能性がある地方に住んでいる方は、いまいちど水落としの手順や元栓の場所など把握しておいたほうが良いかもしれません。

関連リンク

Copyright (C)2017賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.