賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件に注意!特に水周り!

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは賃貸物件を選ぶ際に気をつけていることはありますでしょうか。物件をネットや雑誌・広告で見つけすぐに不動産屋に駆け込み、当日に決めちゃったという方もいらっしゃるでしょう。しかし、あまり考えず衝動で契約した物件で後から後悔する人も少なからずいらっしゃると思います。実際に入居し、問題が次から次へと予想してないことが起こる、そんな経験がある方もいらっしゃると思います。かくいう私も問題にぶちあたった一人です。物件を選ぶ際、実際に部屋を見学しに行ったのですが至る所まで確認しなかった私が悪かったと後でそう感じてます。私が経験した問題とは水周りでの出来事でした。

物件見学の際、トイレの広さや清潔感は確認しました。しかし、トイレの水の流れ具合や流れる音まで確認してなかったのです。それが全ての過ちでした。その物件の部屋に入居して一週間後、トイレが詰まりました。水を何度も流しても詰まって紙が流れないので大家さんを呼んで対応していただきました。トイレが詰まった原因は水量です。トイレで流れる水の量が少なかったため詰まりました。入居してから間もない私は、水の量を調節するやり方を知りませんでしたし、まさかこんなに早く詰まるとは驚きでした。皆さんも物件選びでは細かいところまで実際に確認するようにして、特に水周りには気をつけてください。

関連リンク

Copyright (C)2017賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.