賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件で気を付ける水回り部分

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸アパートなどを探す際に気を付けておきたいのが水回りのチェックです。借りて入った時の最初の状態を原状といいますが、物件を退出する場合には原状回復して返す必要がありますので、後々トラブルにならないようチェックを慎重にすることをお勧めします。

水回りの傷みを発見するには、デジカメなどで前もって写真を撮っておくことが良いです。水道の蛇口などは黒カビなどが発生している場合もあり、きっちりと蛇口が閉まらない場合もあります。入居前であれば水道は止まっているので水漏れチェックなどは確認できませんので、入居後に水道が使用可能になってから見つかることがあります。この場合、パッキンなどは交換すれば大丈夫ですが閉まりの悪い蛇口の場合水道料金が多く請求されることになりますので不動産会社に連絡をして修理してもらうのがよいです。

次に洗濯機置き場の床が傷んでいる場合には、洗濯機を動かしたときに振動で洗濯機が動く原因になりその結果排水ホースが外れることもあります。万が一ホースが外れ水が漏れてしまった事に気づくのが遅れてしまうと下の階にまで被害が及ぶ場合もあり注意が必要となります。洗濯機置き場の床や壁は傷み具合を注意して観察する必要があります。その他では、バスルームやトイレの排水もスムーズに流れるかの確認をし、もしも詰まり等で水やお湯が滞るようであれば不動産会社に連絡をするとよいでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2017賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.