賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りをキレイに保つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を借りているときは特に水周りを気をつけなければなりません。水道管から漏れていたりしたら例え漏れが少しでもすぐに修理する必要があります。そのさいは自分で直すのではなくプロにお任せしましょう。大家さんや管理会社に電話して修理会社を呼んでもらいます。自分で完璧に直せればいいですが付け焼刃だとすぐにまた漏れてきてしまう可能性があります。また、水道管などのインフラ設備は他の部屋とつながっていますのであまり自分ではいじらないほうがいいです。

水道の周りでよく水がとびっ散ってしまう場合は壁や床にビニールを敷いたりしてガードするようにしましょう。木であればなおさらです。毎日水が飛び散っているとその時は大丈夫でもだんだん浸食されていってしまいます。また気付かぬうちに床の隙間に水がたまっていき腐り、水漏れという事態にもなりかねません。そして壁の裏にカビが発生して病気になる可能性も高くなります。

水周りをキレイにしておけば退出時にもそこまでひどい状態になることもありません。風水でもそうですが水回りをきれいにすると運がよくなるともいいと言われています。忙しい人でも月に1回はトイレやお風呂、台所などの水周りをキレイにしておきましょう。

関連リンク

Copyright (C)2017賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.