賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

賃貸選びで水回りにおいて夏ににおうかどうか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴミ置き場と言いますと、冬はそれほどにおいを感じません。しかし、夏といいますとかなりにおいを感じることがあります。ゴミ自体は出されてそれほど経っていなくても、自宅内で生ごみの状態になっている時間からすると数日は経っています。最近などが増えているのかもしれません。冬であれば寒いですから、少々のことでは増えませんが、夏場の暑い状態だとどんどん増えてしまいます。普段臭わなくても夏だけにおってくる事があります。

夏以外の時期に賃貸を選ぶときには、水回りがにおうかどうかの注意が必要です。特に冬場に探すときです。その時はそれほどにおわなくても、暑くなってくるとにおってくることがあるからです。ではどのように探すかです。鼻の良い人にかいでもらえばわかることもありますが、においのセンサーなどをかざしても夏のにおいについては予測することができまえん。においの原因としては、長い期間の汚れの蓄積などが原因の事があります。それをチェックポイントにします。

長い年月が経っている物件に関しては、それなりににおう可能性があると考えます。建物がきれい、リフォームされてきれいと言っても、排水関係がそのままだとにおうことがあります。逆に排水の工事をしたてなら、見た目が古くてもにおいにくいです。

関連リンク

Copyright (C)2017賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.