賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

マレーシアの賃貸物件の水周りについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在海外マレーシアの賃貸物件(ワンルーム)で生活しています。我が家の水周りについて説明します。まずは、台所の水洗についてです。懐かしい、くるくる回すハンドル式、しかも小さいものが付いています。レバー式だと使いやすいのですが、賃貸ですのでそのままにしています。たまに外れますが、もとどおりにねじをしめれば使えます。蛇口全体が少しぐらぐらしていますが、今のところ外れていませんので大丈夫でしょう。

次にトイレとバスルームについて説明します。トイレにはビデというハンドシャワーが付いています。最初は必要性を感じていなかったのですが、今はウォシュレット代わりに利用していますので必需品です!ウォシュレットは便座を取り外して定期的に掃除をしないといけませんでしたが、ハンドシャワーはそのようなメンテナンスは不要です。ただ、ハンドル部とチューブ部に分かれており、先日二つの部分が離れてしまったことがありました。大家さんのエージェントに連絡するとすぐ直しにきてくれました。(部品を取り替えるだけでOK、特別な工具は不要でしたので安く済みました。)トイレの水を流す方法は、マレーシアではレバー式ではなくボタンを押すのが一般的です。ここも一度壊れてしまいましたが、エージェントが工事業者を手配してくださり、もとどおりに流れるようになりました。バスルームにはバスタブはなく、シャワーだけです。温水が出るようになっていますので、今のところ不自由なく使っています。日本に比べて水周りの壊れるタイミングが早いような気がしますが、エージェントもすぐ来てくれますし、さほど不便は感じていない状況です。

関連リンク

Copyright (C)2017賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.