賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

賃貸の水回りの注意で天井のカビを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨の時期になると、押入れなどにカビがはえることがあります。押入れに布団を入れることがあります。一見乾いているようですが、布団は人の汗を沢山吸っているので結構湿気ています。乾かせばよいですが、そのまま押入れなどに入れれば、湿気の逃げ場がなくなります。押入れの木の部分に湿気がたまってしまいます。押し入れが風通しが良ければそれが乾きますが、そうでなければそのままカビが発生します。カビが発生するところは風通しに問題があるのです。

カビといいますと、水回りにおいては気をつけたいところです。ただでさえ水気があるわけですから、少し油断をすればカビがはえる要素が満載になっています。賃貸物件における注意においては、天井部分をチェックすると対処できることがあります。浴室では床や壁を見てカビがない、少ないと思うかもしれません。その辺りはなんとか落とすことができます。意外に気づかないのが天井です。そして、これからのカビの増加に関連するのも天井です。

ただし、天井まで顔を近づけてカビの存在を見るのは難しいです。少しでも黒っぽい部分を見つけたら疑うようにしましょう。その部分が少なければ、入居してから掃除をして除去するとそれほど気にならないこともあります。

関連リンク

Copyright (C)2017賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.