賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件に住んだ時は、台所の掃除を念入りに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件に住んだ際は、台所やトイレ、お風呂などの水周りは常に換気を行うようにしましょう。冬場はいいのですが、夏場は換気が不足してしまうとカビが生えてしまいます。汚れというものは、たとえ水垢でさえも、厄介です。後々後悔しないようにするためには、日頃からお手入れをしておくと良いでしょう。きちんと掃除を行うことで、アレルギーなどのリスクも減りますし、日頃から掃除の癖をつけておくことが大切なのではないか、と思います。

特に台所は、油汚れ、食物のカス、残飯などが溜まりやすく、とても不潔です。この前、油汚れをしばらくの間放置してしまったのですが、後から掃除を行い、全ての汚れを取るのには一苦労しました。また、生ゴミなどは水気が多いところに放置していると、すぐに腐ってしまい、酷いにおいの元になりやすいです。これも冬場ならまだ良いのですが、夏場は半日もすると、生ゴミからは大変な異臭が漂ってくるのです。台所が汚いと、料理を行う気すら起こらなくなってしまうのではないでしょうか。なので、生ゴミはその日のうちに台所から取り除き、ゴミとして捨ててしまうか、植物の肥料などにしてしまえると良いのではないかな、と私は思います。

関連リンク

Copyright (C)2017賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.