賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

賃貸の水周り屋内の洗濯機は湿気やカビ対策が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の水周りで洗濯機の置く場所なども確認すると思いますが、屋内に設置できる場合もあるでしょう。バルコニーに置くのとは違い家の中にあると機器の劣化もあまりないのかもしれません。また使用する時間帯も少し気をつければいいのでとても使いやすいのかもしれませんね。ただ、屋内に置く場合は湿気対策などが必要になりそうです。設置する場所にもよりますが、だいたいは洗面所の辺りが多いのではないでしょうか。お風呂の水をひっぱってきたりする人もいるかもしれませんね。周りには水を使用する場所がたくさんあるので湿気についても心配でしょう。

洗面所に洗濯機を設置する際は湿気やカビ対策などが必要かもしれません。洗濯機の性能自体はあがっているかもしれませんが、どれを使っても排水というのが必要です。排水の設備については物件によってバラバラですが、受け皿のようになっていて排水口にホースを差し込むタイプなどは水が外に漏れ出る事もあります。完全に排水口にささっている場合はいいのですが、もしも外に水がもれるようならカビができやすいですので気をつけましょう。受け皿のあたりと、洗濯機の裏側など手が届かない部分にできやすいので注意が必要です。

関連リンク

Copyright (C)2017賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.